重要なお知らせ

本サイトよりお申込み頂きますと、予約申込が完了した場合、2週間以内に参加証・会場への地図等がお手元に届きます。(万が一、届かない場合は、登録が完了していない場合がありますので、お電話にてご確認ください。)

受付中セミナー


開催予定:6月7日(日)
会場:KFC国際ファッションセンタービル(両国)

開催予定:6月20日(土)
会場:飯田橋レインボービル(東京)

セミナー詳細

 
目からウロコが落ちる
重症患者の 病態生理の知識と看護ケア
—侵襲に対する生体反応を理解した看護実践—

講師道又 元裕先生
日時2020年6月7日(日)9:40〜16:40
会場KFC国際ファッションセンタービル(両国)

このセミナーの到達目標
  • 過大侵襲に対する患者の神経・内分泌・免疫の代表的反応が理解できる.
  • 過大侵襲による合併する患者の基本病態が理解できる.
  • SIRS(全身性炎症反応症候群)状態にある患者の病態が理解できる.
  • 敗血症ショック患者の特徴と対応が理解できる.
  • 過大侵襲下にある患者への看護ケアの基本を理解できる.

受講お申し込みはこちらから

プログラム(仮)

1.過大な侵襲が加わると,どんな生体反応が起こるだろう?

  • 代謝相の変化から侵襲を理解してみよう!
  • 侵襲時に起こる高血糖の影響と,血糖管理の考え方を知ろう!
  • 侵襲時の免疫機能の変化は,なぜ起きるのだろう? … その他

2.なぜ炎症が起きるの? 身体が炎症を起こす目的って?

  • 炎症を起こす物質には,どのようなものがある?
  • 血管内皮の働きを整理しよう! … その他

3.SIRS(全身性炎症反応症候群)は,どうして起こるのだろう?

  • なぜ局所の炎症から全身的な炎症になるのだろう?
  • 結局サイトカインって悪者なの? 本当の働きを教えて!
  • 炎症によってなぜ発熱や痛みが起こるの? 発熱管理の考え方は?… その他

4.好中球の活性は,生体にどんな影響を与えるのだろう?

  • 身体を守っているはずの好中球が,なぜ炎症時には悪さをするの? … その他

5.虚血再灌流障害は,なぜ起こるのだろう?

  • 増えすぎた活性酸素は生体にどのような影響を与える?
  • 脳梗塞に対するt-PA治療や,フリーラジカル解析装置(FREE)について教えて! … その他

6.クリティカルな患者における体液変動と体液管理の考え方を理解しよう!

  • 血管透過性亢進が起きるメカニズムは? その結果,何が起きるの?
  • 体内水分量の分布は? 乳酸や乳酸リンゲルの行方は?──輸液の基本を理解しよう!
  • 等張電解質輸液,低張電解質輸液,代用血漿輸液,それぞれの違いは?
  • 細胞外液に組成がより近いのは,どの製剤?
  • クリティカル領域における輸液の大原則とは?
  • 輸液反応を見るための指標には,どのようなものがあるの? … その他

7.侵襲時,栄養・エネルギー代謝は,どのように変化するだろう?

  • 栄養低下が生体に与える影響は?
  • 飢餓時・侵襲時に,代謝はどのように変化するだろう? … その他

8.栄養アセスメントから投与まで理解しよう!

  • アセスメントの方法には,どのようなものがあるだろう?
  • 人工呼吸療法管理中の患者に対しては,どのように栄養管理する?
  • NPC(非蛋白栄養素)/Nを推定する意義は? … その他

9.経腸栄養の実際

  • 経腸栄養のメリットは?
  • 腸管バリアを保護するためには,どのような栄養が必要? … その他

10.クリティカルケア看護にまつわるオマケの知識

当日は、会場の皆様からのご質問に、丁寧にお答えいたします! 

講師からのメッセージ

 侵襲に対する生体反応を理解して,それに対する患者の看護を学んでみませんか?侵襲を受けた患者がどのような反応を示しな がら回復過程を辿ってゆくのかを細胞,組織レベルから理解することは,患者をトータルアセスメントするために必要であり,看護ケアの方法とそれを決定する根拠になるはずです.  セミナーでは,過大侵襲に対する生体反応の病態生理を医学的知識に基づき解説しながら,日常の例を取り上げながら看護ケアの基本を概説します.

受講お申し込みはこちらから