参加募集中!

心臓血管外科のパーフェクトケア
開催予定:7月21日(土)
会場:レインボービル(東京・飯田橋)
新・目からウロコの輸液管理
開催予定:7月28日(土)
会場:ワイム貸会議室(旧:エムワイ貸会議室)(お茶の水)
トータルアセスメント
開催予定:7月29日(日)
会場:ワイム貸会議室(旧:エムワイ貸会議室)(お茶の水)
呼吸管理と人工呼吸
開催予定:8月11日(土)
会場:ワイム貸会議室(旧:エムワイ貸会議室)(お茶の水)
心臓カテーテル検査とPCI治療
開催予定:8月18日(土)
会場:ワイム貸会議室(旧:エムワイ貸会議室)(お茶の水)
重症患者の呼吸・循環管理
開催予定:8月25日(土)
会場:ワイム貸会議室(旧:エムワイ貸会議室)(お茶の水)
検査データのみかた!
開催予定:8月26日(日)
会場:ワイム貸会議室(旧:エムワイ貸会議室)(お茶の水)
人工呼吸管理
開催予定:9月1日(土)
会場:レインボービル(東京・飯田橋)
脳神経外科
開催予定:9月9日(日)
会場:KFC国際ファッションセンタービル(両国)
IABP,PCPS,急性血液浄化法
開催予定:9月15日(土)
会場:レインボービル(東京・飯田橋)
重症患者の病態生理の知識と看護ケア
開催予定:9月16日(日)
会場:レインボービル(東京・飯田橋)

重要なお知らせ

8月12日に予定しておりました「ポジショニングと動作支援」および8月19日に予定しておりました「摂食嚥下リハビリテーション」は都合により開催延期となりました。

本サイトよりお申込み頂きますと、予約申込が完了した場合、2週間以内に参加証・会場への地図等がお手元に届きます。(万が一、届かない場合は、登録が完了していない場合がありますので、お電話にてご確認ください。)

セミナー詳細

 
アセスメントに活かす重症患者の
検査データのみかた!
講師道又元裕先生、露木菜緒先生
日時2018年8月26日(日)10:00〜16:00
会場ワイム貸会議室(旧:エムワイ貸会議室)(お茶の水)
このセミナーの到達目標
  • 検査データのみかたがわかればアセスメント能力がupし,病態を客観的に判断できる.
  • 検査データから異常を見抜き日頃のケアに活かす!

受講お申し込みはこちらから


今だけ10,000円で受講できます!(通常受講料15,000円)

プログラム(仮)

1.総論
道又 元裕

  • 臨床推論と検査データ
    • 臨床推論のプロセスとは? 何をみて,どう判断する? …他
  • 検査データに関わる基本的理解
    • 検査データでどこまで解る? どう活かす? …他
  • 異常値の考え方
    • ルーチン検査から何を読み取る?
    • ルーチン検査の基本的解読13項目って? …他

2.循環系
道又 元裕

  • 急性冠症候群(ACS)
    • ルーチン検査に注目「炎症所見」をどう読み取る?
    • 一般の炎症との区別はどうみる?「心筋逸脱酵素」のみかたとは?

3.呼吸器(血液ガス)
露木 菜緒

  • 血ガスデータからみる臨床的意義
    • ガス交換の指標
      • 押さえておきたい基本はコレ! ・II型呼吸不全の患者では?
    • 酸塩基平衡の評価
      • アシドーシス,アルカローシスでは何が起きている?
      • 血液ガス分析の解釈のポイントは何をみる?
      • 酸塩基平衡評価を事例アセスメントに活かす …他
    • 事例を基に考えてみよう! 事例1 事例2

4.凝固・線溶系
露木 菜緒

  • DICの検査データのみかた
    • 止血のしくみ! 血液の2面性
    • DICのメカニズムと検査データのみかた 何に注目すればよい?
  • 抗凝固剤の機序
    • 抗凝固療法で使用される薬剤は? どんな特性がある? …他

5.その他の検査
道又 元裕

  • 血清総タンパク(グロブリン,アルブミン)
  • 膠質浸透圧

6.炎症を知る
道又 元裕

  • 炎症とは
  • 全身性炎症反応症候群(SIRS)
  • 敗血症と検査データ
    • 指標となる検査項目は? なぜ? それをみるのか? …他

7.質疑応答
道又 元裕・露木 菜緒

当日は、会場の皆様からのご質問に、丁寧にお答えいたします! 

講師からのメッセージ

クリティカルケア領域では,連日採血し,検査データを経時的にみていますが,それを十分にアセスメントし,病態理解や日常のケアに活かせていないのではないでしょうか.検査データがわかれば,客観的にアセスメントすることができ,急変予測もできるかもしれません.検査データはただ正常値を覚え,正常範囲内にあればいいというものではありません.すべての項目に事例を盛り込み,事例をベースに解説していきます.明日から臨床にぜひ役立ててください.

受講お申し込みはこちらから


今だけ10,000円で受講できます!(通常受講料15,000円)