参加募集中!

モニタ・12誘導ECG
開催予定:6月30日(土)
会場:ワイム貸会議室(旧:エムワイ貸会議室)(お茶の水)
透析の検査値を極める
開催予定:7月7日(土)
会場:レインボービル(東京・飯田橋)
心臓血管外科のパーフェクトケア
開催予定:7月21日(土)
会場:レインボービル(東京・飯田橋)
新・目からウロコの輸液管理
開催予定:7月28日(土)
会場:ワイム貸会議室(旧:エムワイ貸会議室)(お茶の水)
トータルアセスメント
開催予定:7月29日(日)
会場:ワイム貸会議室(旧:エムワイ貸会議室)(お茶の水)
呼吸管理と人工呼吸
開催予定:8月11日(土)
会場:ワイム貸会議室(旧:エムワイ貸会議室)(お茶の水)
ポジショニングと動作支援(モーションエイド)
開催予定:8月12日(日)
会場:ワイム貸会議室(旧:エムワイ貸会議室)(お茶の水)
心臓カテーテル検査とPCI治療
開催予定:8月18日(土)
会場:ワイム貸会議室(旧:エムワイ貸会議室)(お茶の水)
摂食嚥下リハビリテーション
開催予定:8月19日(日)
会場:ワイム貸会議室(旧:エムワイ貸会議室)(お茶の水)
重症患者の呼吸・循環管理
開催予定:8月25日(土)
会場:ワイム貸会議室(旧:エムワイ貸会議室)(お茶の水)
検査データのみかた!
開催予定:8月26日(日)
会場:ワイム貸会議室(旧:エムワイ貸会議室)(お茶の水)
人工呼吸管理
開催予定:9月1日(土)
会場:レインボービル(東京・飯田橋)
脳神経外科
開催予定:9月9日(日)
会場:KFC国際ファッションセンタービル(両国)
IABP,PCPS,急性血液浄化法
開催予定:9月15日(土)
会場:レインボービル(東京・飯田橋)
重症患者の病態生理の知識と看護ケア
開催予定:9月16日(日)
会場:レインボービル(東京・飯田橋)

重要なお知らせ

本サイトよりお申込み頂きますと、予約申込が完了した場合、2週間以内に参加証・会場への地図等がお手元に届きます。(万が一、届かない場合は、登録が完了していない場合がありますので、お電話にてご確認ください。)

セミナー詳細

 
患者指導に活かす!
透析の検査値を極める
〜目からウロコ! 検査値の意味がわかれば,患者管理の要も落とし穴もわかる!〜
講師田部井 薫先生
日時2018年7月7日(土)10:00〜16:30
会場レインボービル(東京・飯田橋)
このセミナーの到達目標
  • 透析患者の検査値の読み方がわかるようになる!
  • 透析患者の検査値から病態を読み解くことができる!
  • 透析患者に検査値の説明ができ,日常の指導に役立つ 知識が得られる!

受講お申し込みはこちらから

プログラム(仮)

午前の部 「腎機能や透析効率をみるための検査値の見かた・考え方」

1.尿素窒素(BUN)について
(10:00〜10:50)

  • 腎機能についておさらいをするとともに,尿素窒素そのものや,各指標との 相互関係を徹底解説!
  • 腎臓の機能とは
    • 水・電解質の恒常性維持|老廃物の排泄|腎機能が悪くなると何が起きるのか…ほか
  • 尿素窒素の基礎知識
    • 尿素回路|腎機能との関係|透析患者での動態|BUNからの蛋白摂取量推定| 標準蛋白異化率…ほか
  • 透析効率の指標
    • 時間平均濃度TAC|KT/Vとは何か,その問題点は?|BUN/Crの意味| KT/Vを改善するには…ほか
  • 食事療法のヒント

2.クレアチニン(Cr)について
(11:00〜11:50)

  • え?! Crが高いと長生きする?! この講義でCrの奥深さが学べます!
  • クレアチニンの基礎知識
    • クレアチンとクレアチニン|Crの測定法|糸球体濾過量(GFR)|クレアチニン クリアラス(CCr)|CCrの欠点と「真のCCr」…ほか
  • 腎不全患者でのCrの意義
    • Crから腎機能を推定する方法|Cr総除去量とCr産生率…ほか

午後の部 「患者指導に役立つ検査値の見かた・考えかた」

3.ナトリウム(Na)について
(12:50〜13:40)

  • 水分管理に直結する塩分管理は,透析患者指導において最重要テーマの  一つ! 食事との関連も含めて徹底解説します!
  • ナトリウムの基礎知識
    • Naの分布・代謝|低Na血症と高Na血症…ほか
  • 透析患者とNa
    • 血清Na濃度と体重増加量の見方|食塩制限…ほか
  • 食塩こぼればなし
    • 血圧との関係|食欲・味覚との関係|蛋白摂取量との関係|塩分に関する意識 調査…ほか
  • 透析患者の食塩指導

4.カリウム(K)について
(13:50〜14:40)

  • 高K血症は看護師の努力で防げる!K上昇のメカニズムを知り,Kが上昇  した場合に原因がどこにあるか突き止められる方法が学べます!
  • 高カリウム血症
    • スイカが腎臓にいい?|高K血症はなぜ危険か|高K血症の症例|不整脈との関係…ほか
  • カリウムの基礎知識
    • Kの分布・代謝|果物を食べると血清K値が上昇する?…ほか
  • 腎機能障害ではどうなるのか?
  • 透析患者ではどうなるのか?
    • 透析によるK除去|赤血球内K濃度の変化|酸塩基平衡との関係…ほか
  • 腎外性K調節系とは
  • 糖尿病患者では高K血症になりやすい
  • 高K血症の治療
    • 緊急治療|酸塩基平衡と塩素濃度|透析患者に用いる下剤|K上昇の原因検 索のコツ…など

5.カルシウム(Ca)・リン(P)について
(14:50〜16:00)

  • リン管理の善し悪しによって,医療従事者のレベルが決まる! 豊富な症例  や問題を交えながら,いかにCa・P管理をするかわかりやすく解説!
  • カルシウム・リンの基礎知識
    • 管理の重要性|カルシウム・リンの調節因子|腎不全におけるリンの代謝…など
  • 透析患者のCa・P管理の実際
    • 薬物療法|食事療法

6.質疑応答
(16:10〜16:30)

当日は、会場の皆様からのご質問に、丁寧にお答えいたします! 

講師からのメッセージ

透析患者では,尿が出ないために,食事中のさまざまな物質が体内に蓄積します.つまり,血液検査をするとどのような食事をしているかがわかるということです.血液検査は,月に2回行われますが,その検査値から,患者の状態の把握,患者さんへの指導のヒントがわかります.それらの情報を有効に使うことが,透析看護では必須です.得られた情報をフルに活用して,日常の患者指導に役立てていただきたいと思います.

受講お申し込みはこちらから