参加募集中!


開催予定:1月27日(土)
会場:KFC国際ファッションセンタービル(両国)

開催予定:1月28日(日)
会場:KFC国際ファッションセンタービル(両国)

開催予定:3月4日(日)
会場:レインボービル(東京・飯田橋)

開催予定:3月11日(日)
会場:リロの会議室(東京・飯田橋)

開催予定:3月25日(日)
会場:KFC国際ファッションセンタービル(両国)

重要なお知らせ

本サイトよりお申込み頂きますと、予約申込が完了した場合、2週間以内に参加証・会場への地図等がお手元に届きます。(万が一、届かない場合は、登録が完了していない場合がありますので、お電話にてご確認ください。)

セミナー詳細

 
若手ナースのための
重症患者ケアの必須知識
講師道又元裕先生、露木菜緒先生
日時2018年1月28日(日)10:00〜16:00
会場KFC国際ファッションセンタービル(東京・両国)
このセミナーの到達目標
  • 重症患者ケアに必須な知識と技術を身に付ける!
  • ケアの生体へ与える影響を知る!
  • 重症患者を総合的にアセスメントできる!

受講お申し込みはこちらから

プログラム(仮)

1.フィジカルアセスメント

  • これだけは押さえたい,呼吸のフィジカルアセスメント
  • これだけは押さえたい,循環のフィジカルアセスメント

2.バイタルサイン・モニタリングデータのアセスメント

  • 注意すべきバイタルサイン
  • モニタリングデータをアセスメントに活かす
    • AラインやCVCは表示される数字に気をとられがちですが,波形も併せて読み取ることで様々な情報を得ることができます.

3.重症患者ケアの必須知識

  • 気道ケアのメリット・デメリット
    • 気道ケアのポイントは「侵襲度を低くする気管吸引」「効果的なカフ管理」「効果的な体位調整」の3つです.このポイント押さえ,患者さんにより有効な気道ケアを提供できるようになりましょう.
  • 冷罨法の生体へ与える影響
    • 発熱している患者さんにはクーリング? ちょっと待って! 冷罨法にはデメリットもあるのです.よく行われるケアですが,ここでもう一度,その根拠を考えてみましょう.
  • 血糖管理の必要性
    • 血糖値異常がなぜダメなのか? 患者さんにどんな影響があるのか?

4.ARDS・敗血症・多臓器障害の理解とケア

  • ARDSは医原性? ARDSって何?
    • ARDSのメカニズムはまだわかっていないことも多く,明確な根拠のある治療法も模索中の段階です.そんな中で,目の前の患者さんにどのようなケアを提供したらいいのでしょうか?
  • ここが変わった敗血症の定義
    • 「日本版敗血症診療ガイドライン2016」が発刊されました.敗血症の新定義やqSOFAスコアの使い方などにも触れながら,全身管理やケアのポイントをお伝えします.
  • 多臓器障害のメカニズムとケア
    • 原因・診断・基本的病態を押さえながら,急性呼吸不全・ショック・敗血症・DICなどと多臓器障害との関係,どのようにケアを行うべきかを解説します.

5.重症患者の総合アセスメント

  • 患者になにが起こっている? どうケアしたらいい?
  • 総合的にアセスメントしよう!
当日は、会場の皆様からのご質問に、丁寧にお答えいたします! 

講師からのメッセージ

重症患者は,刻一刻と全身状態が変化していきます. その中で行う私たちのケアは,時に侵襲にもなりえます. 重症な患者の体は回復するためにどのように変化をしているのか,ケアが生体に与える影響も踏まえて,総合的にアセスメントしていく必要があります.重症患者に何をすべきか,何をすべきでないか,ビギナーのために押さえておきたい必須知識を解説します.

受講お申し込みはこちらから